これは出会い系経由で会社の同僚の女性と肉体関係を持った話です。自分(31歳)は独身で最後に彼女がいたのは3年も前の話。仕事も忙しい上に安月給。たまに上司のおごりでおっパブ(おっぱいパブ)に行くことはありますが(おっぱい揉んで終わりなんて虚しすぎる)家に帰ったらその日相手してくれたおっぱぶの女の胸を思い出しながらオナニーをする日々。そんなムラムラした毎日からか、セフレ作ってやろうとふいに思い立ちました。セフレの他に”割り切り”という存在を知りましたが、勿論そんなことに掛けるお金はない。しかし今の割り切りは意味が違っていました。

エッチがしたい。

それが単純に割り切る関係でありそれ以上は求めないという意味でした。

その思いだけで出会い系サイトを探し周って【セフレ割り切り】のサイトを見つけました。

そこで紹介があったPCMAXを使って一人の女性とやりとりが続きました。

その女性は25歳で会社OL。最近離婚したばかりで独り身。

顔などは会ってからが良いと言われましたがセックス出来るなら誰だって良い!

そして二人の会える日が訪れて、ドキドキしながらも待ち合わせ場所へ・・・。

周りを見渡しているとスラっとしたスタイルで白のノースリーブにミニのデニムを着た人が。

【◯◯さん??】

【え!?△△部長!?】

その人は同じ職場同僚のAさん。

聞くと自分と同じ理由で人と待ち合わせをしているみたいでした。

そのままお互い別れてまた待っていましたが中々現れず連絡を入れるともう着いて待っているとのこと!

(やばい・・場所間違えたか・・)

焦りましたが、待っている場所を聞くと自分がいる場所とほぼ変わらない所。

服の特徴を聞くとノースリーブでデニムパンツを着ていると。

(え・・・ノースリーブにデニム??)

もしかして◯◯さん??

当たっていました。

お互いわけもわからず落ち着くためにカフェに行きました。

(◯◯さん、どうしたの?一体(笑))

(△△部長こそ・・・なんで出会い系なんて使ってるんですか?w)

(まぁお互い様だし。理由は一緒でしょ?)

さすがに同じ職場の同僚と肉体関係になるのはまずいと自制心も働きその日はそのまま解散することに。

もちろんセフレ割り切り相手が欲しくて会ったなんて事は言わない約束を付けて・・・。

しかしこの話には続きがありました。

長くなったので続きはまた別の日に。