セックスの最中にいきなり彼女をお尻を叩いた場合、彼女は戸惑い彼氏から暴力を振るわれたと思うでしょう。
もちろんいきなり相手の承諾もなくお尻を叩いてはいけませんがかといって彼女に対して「スパンキングしたい」と言うのも勇気がいります。
下手すると相手をいたぶる事に興奮を覚える嗜虐性がある人だと思われてしまう恐れがあります。

あくまで性癖の一種と説明したところで理解されないケースも多いでしょう。
彼女の前では優しく紳士的な彼氏でいたいですよね。
スパンキングをするのはセフレ掲示板で出会った女性に限定した方がいいと言えます。

もちろんセフレ掲示板でもスパンキングで男性だけが興奮していたらそれはただの暴力的行為になってしまいます。
ではどうすればセフレ掲示板で女性を感じさせるスパンキングが出来るのでしょうか?
スパンキングの注意点と一緒に紹介していきます。

まずスパンキングの魅力とは痛みを快楽を同時に感じる事が出来る事です。
そのためスパンキングを好むのは痛い事が快感になるMっ気がある女性限定?と思う人もいるかもしれません。
しかしスパンキングはMっ気がある女性だけでなくSっ気がある女性の中でもスパンキングされたいという人は少なくありません。

なぜかというとスパンキングはお尻を叩かれる女性だけが痛みを感じている訳ではありません。
むしろお尻を叩き続ける男性の手のひらの方が痛いという説もありスパンキングをする男性自身も痛いのです。
そういう意味では女性も男性に痛みを与えている事になりSっ気がある女性も満たされるのでしょう。

そしてスパンキングをする時に心がけて欲しい事はいい音を出す事です。
お尻を叩く時に掌をおわんの形にして女性のお尻を包み込むように叩くと「パン」と弾けるような音がします。
セックスで挿入時にピストン運動をする時にも「パンパン」と音がなりますよね。

その音にも類似しているため「パン」とお尻を叩く音は女性をひどく興奮させます。
また叩く時は同じリズムで同じ力加減で叩くと単調になってしまいます。
いつ叩かれるのかどれぐらい痛いのか分からないように変則的に叩く方がドキドキする分興奮が高まります。

そしてスパンキングをする時にあまり力を込めて叩くと女性が痛いのでは?を気を遣ってしまう男性がいます。
叩いている最中に「痛かったら教えて」と女性に言ってしまったり、女性が「もう止めて」と言ったら本気で止めてしまう行為はNGです。
男性的には優しさのつもりかもしれませんがスパンキングを楽しんでいる女性からすればそれらの行為は台無しです。

むしろプレイに徹して女性を満足させる方が本当の優しさだと言えるでしょう。