男性としては嬉しい限りですが割り切りのセフレ関係を望む女性が増えています。
ではなぜ女性が割り切りのセフレ関係を望むのか、その理由についていくつか紹介します。

まず純粋にセックスを楽しみたいからです。
これは男性はもっと危機感を持たなければいけない理由だと言えるでしょう。
なぜかというと、恋人や夫とのセックスでは楽しめていない事の裏返しだからです。
男性の場合は自らリードする立場なので、自分がしたいセックスをしやすい状況です。
対して女性はリードされる側なので、なかなか自分がしたいセックスをする事が出来ません。
本命の相手に対してはセックスの要望を口に出して引かれてしまったり、嫌われてしまったら嫌なのでよそでセフレを作りセックスを楽しむ女性が増えているのです。

 

男性の束縛が窮屈に感じてしまう

そして恋人や夫の場合、独占欲や束縛が強い人っていますよね。
これは男性の動物としての本能で縄張り意識が強いため自分の恋人や妻は束縛してしまうのです。
しかしこの束縛が窮屈に感じている女性も少なくありません。
そのため束縛されたくない、さらに言えば結婚をしたくないと考える女性も増えてセフレを作る女性が増えたのです。

 

この背景には女性が経済的に自立して、男性に養われなくても一人で生きていけるようになったという社会の変化も関係しています。
なのでキャリアウーマンなど仕事が出来る女性ほどセフレを作る傾向が高くなります。

 

また男性からすれば理解しづらい感覚かもしれませんが、女性は恋人とのデートで割勘は嫌がります。
それは自分が大事にされていない、特別扱いされていないと感じるためです。
しかしセフレとのホテル代が仮に割り勘であっても抵抗はありません。
なぜかというと初めからセフレとは割り切りの関係だと分かっているので特別扱いを期待していないためです。

 

男性に尽くしたくない女性が増えたのも理由

他にも男性に尽くしたくない女性が増えた事もセフレを作る女性が増えた事と関係しています。
昔は男性に尽くす女性が多かったですよね。
ですがそれは専業主婦だから出来たと言えるでしょう。
今の世の中、共働きの夫婦が大半です。
そして共働きで2人とも仕事をしているのに、育児も家事も全て妻任せの男性が多いのです。
女性からすれば同じように仕事をしているんだから育児と家事も協力するのが当たり前と思っています。
なので結婚すると女性ばかり大変で損をするのは自分だ、そんな環境ではとても結婚したいとは思えませんよね。

 

つまりは時代の変化と女性の気持ちの変化により割り切りのセフレ関係の方が楽だと考える女性が増えたため、セフレを作る女性が増えたのです。そう考えるとセフレを作る女性が増えたと単純に男性は喜んでばかりもいられません。