セフレ割り切り掲示板を使うなら女性に嫌われる男にならないようにしよう

町を歩いている女性を観察すると、ときどきエロスを感じますよね?どんなに清純な女性でも男を興奮させる要素を持っており、男性によって異なる性癖を満たしているのです。そして私は、ちょっと変わった部位にエロスを感じています。

それは、『女性の腋』でした。夏になれば半袖やノースリーブの女性が増えるため、腋を見るチャンスも多いのですが…大抵の女性は腋を綺麗に処理しており、ツルツルとした質感を持っています。そんな女性の腋が見えたとき、私はパンチラを見られたような幸福感に包まれるのです…。

 

なので予想できると思いますが、女性とセックスするとき、私は腋も愛撫しています。腋は普通に揉むだけでは上手く刺激できませんので、この部位で感じさせるなら舐める必要があります。「腋を舐めるって汚い…」と思うかもしれませんが、クンニだって清潔とは言えませんし、人によっては「汚いからこそ興奮できる!」と豪語するでしょう。

だから私も全然気になりませんし、ちょっと汗臭いと逆に興奮しています。今も会っている割り切り相手とセックスするときも、毎回腋を刺激しているのですが…この女性の腋は結構敏感で、反応が面白いのです。

 

腋フェチと伝えずに

この割り切り相手を見つけたのは、1ヶ月ほど前でした。名前はA(仮名)と言いまして、最初は腋フェチとは教えず、普通にセックスするつもりで会ってみました。最初から腋好きだと話したら、意外と会いにくくなるので…。

 

しかし、Aと会ったときに「この子の腋を刺激しないのはもったいない…」と思ったのです。この日はなんとノースリーブの服を着ており、この時点で私的にはポイントが高いですね。そして腋の処理も完璧でして、剃り残しもありませんでした。

だからAと歩いたり話したりしているときは、常に腋を見ていましたね。しかしAは胸を見ていたと勘違いして、「胸ばかり見てますね?」とからかってきて、つい私は「腋ばっかり見てた…」と白状したのです。

 

腋フェチだとカミングアウトしても、Aは引きませんでした。ただ、「腋のほうが好きなんて、珍しいですね…」とは言われまして、やっぱり自分がマイノリティだなぁと痛感です。まあ一緒にラブホテルに行けたので、問題ないですけどね。

なお、Aは意外と腋で感じやすく、一緒にシャワーを浴びたときに腋を舐め回していたら、軽くいってしまいました。「腋への刺激なんて慣れていないから…」とは言ってましたが、それでも腋でいけるのは珍しいです。

 

こうして、偶然にも理想の割り切り相手を見つけられて、私はとても幸せですよ。