昔は中学校を卒業したらすぐに働く人も珍しくなかったみたいですが、今は高卒でも低学歴扱いされることがあるように、大学へと通うのが普通になりました。正直に言うと明確な目的がないなら通わないのもアリだとは思いますが、実際に通っていた私が言っても説得力がないかもしれません。

私も親のすすめでとりあえず大学受験を行い、合格したらそのまま通いました。一応は興味のある分野を専攻していたのですが、それを活かした仕事に就けたわけではなく、普通の企業…なんて書くと失礼かもしれませんが、そういう会社へと勤務することになったのです。

大学を卒業してからは家と会社の往復ですが、一人暮らしを開始したこともあり、いろんな出来事がありました。中でも、セフレ募集をしたのはとくに感慨深く感じた…かもしれません。

大学も案外大変でした

大学と言えば遊び回っていたりバイトに励んでいたりする人が多いイメージですが、私としては案外大変な場所でした。確かに多少は遊んでいましたが、それにかまけていると単位を落としてしまいますし、親にも「もしも単位を落としたら学費は出さない」と釘を刺されていたのです。

そんなわけでバイトや遊びもそこそこにして、学業優先で頑張りました。おかげでスムーズに卒業できたし、就職についてもなんとかなりまして、親孝行とまでは言わずとも親不孝者にはならなかったと自負しています。

卒業後は一人暮らしを開始した

就職先が実家から離れていることもあり、卒業後は一人暮らしを開始しました。実家から近ければそのまま通勤しても良かったのですが、それをするにはやや厳しい距離ですし、なにより親も「一度は一人暮らしも経験すべきだろう」と言っていたのです。

こうして一人暮らしを開始しましたが、実家暮らしより気楽な一方、大変なこともそれなりにありました。家事については親任せだったこともあってか仕事の合間にやるのが難しく、一人暮らしを経験したおかげで家族に感謝できたのです。

せっかくの一人暮らしなのでセフレ募集をしてみた

そしてせっかくの一人暮らしを開始したこともあり、私はセフレ募集をしてみたのです。一人暮らしには大変なことも多いのですが、女性を連れ込むには絶好の環境でして、実は前々からセフレが欲しいと思っていました。

出会い系を使えば相手探しはつつがなく成功しまして、待望のセックスが楽しめたのです。家族がいないおかげで、好きなだけ声を出したり物音を立てたりできるのはいいものでした。