自分で言うのもなんですが、私はかなり嫉妬深い男です。彼女がいるといつも「変な男に言い寄られていないだろうか…」とか考えるし、彼女とデートしているときに男の店員が彼女に話しかけているのを見ると、ものすごくイライラしてしまいます。

そしてこれまで彼女と別れてきた理由も大抵が嫉妬深さに起因しており、1番酷いときは『彼女に色目を使う男性店員に対しその場で怒鳴り散らした』みたいな状況になりました。もちろん、その後は彼女にフラれましたが…。

そんな感じで今は28歳ですが、恋人はいません。欲しいという気持ちはあるのですが、彼女ができたらまた嫉妬深くなるため、自制していると言ったほうがいいかもしれませんね。ただ、性欲がたまりすぎるとより精神が不安定になるから、セフレ掲示板は使っていますよ。

「セフレ掲示板でセフレを作っても、その子に執着するんじゃないの?」と思われそうですが、実はそんなことはありません。どうやら私は『彼女にはとても執着するものの、付き合うことがない相手にはさほどでもない』という特徴があるようで、セフレに対して嫉妬深くなることはありませんでした。

我ながら不可思議な性質ですが、実際にその通りなので、『彼女は作らずにセフレ掲示板で性欲のみを発散しておく』というのが、1番波風立たない生き方なのです。多分結婚もできないでしょうが、結婚すればさらに相手を束縛しそうだから、これでいいのだろうな…とも感じています。

今会っているセフレのA(仮名)とはもう4ヶ月以上続いているのですが、とくに嫉妬深くなることはありません。Aも見た目はかなり綺麗なほうだと思いますし、性格についても明るくて話しやすいのですが…「この子は彼女じゃない」と思ったら、やっぱり執着せずに済んでいます。

そう考えると、Aという存在は『セックスできるのに嫉妬しなくていい女性』という、私にとって理想的な相手かもしれません。ただ、なにかの間違いで恋人同士になってしまえば、また同じようなことになるでしょうが…。

とはいえ、そんな話は一切出てこないので、安心して遊べています。Aは見た目も性格もいいですが、やっぱりセックスも上手いため、普通の子と付き合うよりも楽しめていると思います。そもそも、セックスが下手だったらセフレも探さないでしょうし。

嫉妬深い男はときに間違った方向に愛情を爆発させるので、それが心配な人はセフレと遊ぶほうが安全です。自覚のある人は、参考にしてください。