お知らせ

泡盛コラム -2- 泡盛の声に耳を傾ける時間

突然ですが、みなさんはお酒と会話をしていますか?

例えば、和食屋さんにて―。
大将に紹介された日本酒を口にした時『うまいっ!』と感じたら『ちょっとボトル見せてもらえますか?』って聞いたりしていませんか? 



ふむふむ。○○県の日本酒は初めてだなぁ。純米なのか。酒米はこれか。
アルコール度数や値段だけではない多くの情報を探し、ボトルから読み取れる声を拾ってますよね。

さらに、もっとお酒の声を聴きたい時には、大将にお酒の情報を聞き出しているはずです。
その時、大将はお酒の通訳者なんですね。
これはワイン、ウイスキーなどにも言えることでしょう。そして、泡盛もちゃんと声を持っています。


日本初の蒸留酒として600年前に産声を上げたお米からなる泡盛。
琉球の豊かな文化の発展と共に泡盛も着実に成長していきました。

それは飲むという行為を超えた『道』の世界もあったことでしょう。



杯の中に入る100年以上の長期熟成古酒と向き合い、対話を楽しむ優雅なひととき。
戦争さえなければ100年古酒は当たり前、200年古酒まであったと言われています。

今の時代でも意図的に育てられた100年古酒はウイスキーにも、ワインにも存在しないはずです。それが200年だなんて…。


一体、なぜそこまで熟成させたのでしょうか? 
どのような人々が楽しんだのでしょうか? 
どのような場面で飲んだのでしょうか? 
合わせる食べ物は? 酒器は? 

そんな文化ある泡盛の世界は70年前の戦争で何百年という古酒も、飲み方も滅びかけてしまいます。




全てが破壊された、地上戦の後、生きることに懸命だった時代に文化と向き合うゆとりは存在しなかったでしょう。
いつの間にか、泡盛の声を聴かなくなっていったのです。
あれから75年、戦後を生きた多くの先輩たちのおかげで、泡盛は私たちの身近に当たり前のようにあり、その声を取り戻しつつあります。
170年前にあった琉球王国。
その国酒(ロイヤルスピリッツ)であった泡盛。
今日はいつもの仲間とだけでなく泡盛も会話に入れてゆっくり会話をしてみませんか?


きっと泡盛はあなたに語りかけてきますよ。

比嘉康二・泡盛倉庫店長

※このコラムは沖縄タイムスに掲載していた泡盛コラムの加筆バージョンになります

#泡盛 #誇酒プロジェクト
#サンイチサンニ
#古酒
#沖縄
#BAR
#千代泉
#宮古島 #飲み方 #テキーラ #ウィスキー 

泡盛倉庫の最新情報は公式LINEにて
https://lin.ee/dY8WKFL

Instagramやっています。
https://www.instagram.com/awamorisouko_official/