〇香港へ泡盛の旅 2019冬
お知らせ

〇香港へ泡盛の旅 2019冬

みなさんこんばんは!
そして、ただいま沖縄♪

JETRO(日本貿易振興機構)さんから依頼を受けて、11月7,8,9日に見本市wine & spirits fairへ行ってきました~

私に任された役割は。。。
日本の蒸留酒、泡盛の魅力をバイヤーの皆様、来場する皆様に届けること。。。
カウンターバーを設置して、いつものように語らせていただきました~

因みに限られた中で持って行った泡盛は。。。

〇おもろ18年古酒39度 瑞泉酒造

〇珊瑚礁 2010年蒸留古酒 43度 山川酒造所

〇久米島の久米仙8年古酒 43度 久米島の久米仙

〇美ら蛍 30度 米島酒造

〇残波 30度 比嘉酒造

そして、
〇31/32 chiyoizumi distillery 43° 泡盛倉庫

上記の6種類でした。

国内の百貨店での出張BARなら100種類近く持っていけるのですが。。。流石に国が違うと税金、輸送のハードルが高く、JETROさんと協議を重ねて絞ったラインナップとなりました。

因みに香港はアルコール度数が30度以上は税金が100%という。。。
アルコールファンからすれば恐ろしい国ですが、逆に30度未満はタックスフリーという低アルコールにやさしいお国柄という特殊な事情をもっています。
その中で、泡盛は何を伝えるべきなのか。。

検討した中で、
やはり泡盛のストロングポイントである『熟成』『高度数』『文化』を伝えたいと思い。。準備を重ね本番を迎えましたよ~

高い度数は売値が倍になりますが。。。
街中で[山崎]・[響]・だけでなく、国産ウィスキーは多く見かけましたし、価値をしっかり提案していけばそこの市場にちゃんと入っていけると確信していました。

実際、JETRO皆様、関係者の協力もあり、ブースは大盛況。通訳の方にも恵まれ、人手をかけてブースに足を運んでくれた皆様にAWAMORIとは、何か、を熱く伝えて充実した時間を過ごすことが出来ましたよ~

これからも
いろんな人に出会い
いろんな街を歩き
泡盛と共に
成長して参ります。

話は尽きない充実した香港の旅。
続きは泡盛倉庫にて。。。

泡盛倉庫
比嘉康二

ーーーーーーーー
※アジア経済ニュースにも写真付きで取り上げていただきました!リンクをぜひご参照ください。
https://www.nna.jp/news/show/1970924https://www.nna.jp/news/show/1970924https://www.nna.jp/news/show/1970924

#awamori #泡盛 
#香港 #hongkong
#千代泉 #沖縄 
#okinawa #sake #サンイチサンニ