【予約販売開始】第三弾 追悼 千代泉酒造所 ブレンド泡盛

追悼 千代泉酒造所 ブレンド泡盛/【南光 神谷酒造所 千代泉酒造所】を予約販売を開始しました。

10月31日発売予定。

【第一弾/松藤 崎山酒造廠 千代泉酒造所】、
【第二弾/たつ浪 伊平屋酒造所 千代泉酒造所】に続く追悼ボトル最後の商品。

 

千代泉酒造所の蔵にひっそりと残った泡盛は、 四十度帯と三十度帯とそのほかにほんのすこし。

再商品化にあたって、四十度帯の千代泉酒造所 オリジナル泡盛として命を吹き込む準備の間、県内酒造所へお声かけし、千代泉酒造所 泡盛 三十度帯 にて蔵元同士、銘酒コラボレーションというかたちで商品化に当たりました。

追悼の意を示すとともに、泡盛文化を盛り立てたいという想いから始まり、協力蔵元(第一弾/崎山酒造廠、第二弾/伊平屋酒造所、第三弾/神谷酒造所)の手により千代泉酒造所 泡盛に新しい命が吹き込まれました。

 


古酒を育てる仕次ぎ文化

泡盛には「古酒(くーす)を育てる」文化があり、寝かせると芳醇な香りとまろやかな味わいになります。

ただ寝かせて置くのではなく、年に数回大切な日に味を確かめながら仕次ぎし、再度寝かせる、それを繰り返すことで古酒を育てながら永続的に楽しむことができます。
沖縄の旧家では、そうした仕次ぎにより、泡盛は各家庭の味になっていきます。

今回の追悼泡盛もそうした仕次ぎの意味合いも込め、各蔵元のブレンダーが一番美味しいと思えるブレンド比率により作った自慢の泡盛です。

追悼 千代泉酒造所 泡盛 ブレンド 三種を是非飲み比べて、泡盛の世界をご堪能できればと思います。

 

【追悼/千代泉酒造所 ブレンド泡盛 三種】

【第一弾/松藤 崎山酒造廠 千代泉酒造所(限定商品)】

崎山酒造廠「赤の松藤」の華やかな黒糖酵母の香りと千代泉酒造所泡盛の厚みのある味わいが特徴です。
おすすめは、ストレートやオンザロックでゆったりと味わいながら楽しんでください。

・原材料/米こうじ(タイ産米)
・アルコール分/31度 内容量/500㎖
・製造者/崎山酒造廠 ・本数/1,000本限定 ブレンド内容

ブレンド内容
・千代泉酒造所 泡盛33度:古酒用35度のタンクが6年経過で33度
・崎山酒造廠 赤の松藤30度 :黒糖酵母
・ブレンド比率 松藤70%、千代泉酒造所 泡盛30%

 

【第二弾/たつ浪 伊平屋酒造所 千代泉酒造所(限定商品)】

伊平屋酒造所「たつ浪」のオイリーかつ、重厚な味わいと千代泉酒造所 泡盛の古酒香がたつ浪の やんちゃな要素を優しく包み泡盛の輪郭を滑らかにしたバランスが特徴です。

・原材料/米こうじ(タイ産米)
・アルコール分/40度 内容量/500㎖ ・製造者/伊平屋酒造所
・本数/1,000本限定 ブレンド内容

ブレンド内容
・千代泉酒造所 泡盛33度:古酒用35度のタンクが6年経過で33度
・伊平屋酒造所 たつ浪44度:30年前の仕込み方を再現した限定酒
・ブレンド比率 たつ浪60%、千代泉酒造所 泡盛40%

 

【第三弾/南光 神谷酒造所 千代泉酒造所(限定商品)】 10月31日発売予定。

飲み口、味わいに特徴をもった仕上がりになりました。
香りは控えめですが、ストレートで口に含むと柔らかな口当たりに。泡盛らしい口の中にまったりと広がる余韻。
南光の特徴からか、加水することで、アルコール感を抑えながら甘みは伸びてくれます。
食後酒の常温ストレートか、同量の水で割るハーフロックにして食中酒として美味しく楽しんでいただけます。

・原材料/米こうじ(タイ産米)
・アルコール分/36度 内容量/500㎖
・製造者/神谷酒造所
・本数/1,000本限定

ブレンド内容
・千代泉酒造所  泡盛33度:古酒用35度のタンクが6年経過で33度
・神谷酒造所 南光44度: 4年古酒
・ブレンド比率 南光34%、千代泉酒造所 泡盛66%